求人 非公開求人

なぜ求人に非公開求人がある?




なぜ求人に非公開求人がある?

 

非公開求人の役割と公開求人の役割

 

 

求人には、公開求人と非公開求人がありますが、なぜ非公開求人があるのでしょう。

 

公開求人は、宣伝広告費をかけて広く募集します。そのため労力と、時間がかかります。

 

 

 

一般的には、新卒のような中長期的な人材確保のために行ないます。

 

育成をできるような人材という感じでしょうか。幅広い人材が集まります。

 

 

 

 

 

短期的な人材確保

 

しかし、人材確保では、短期的な確保もあります。

 

新しく組織をつくるため急いで人材を集めているとか、退職者が出た場合に

 

急いでそのポストを埋めなければなりません。

 

 

 

 

 

このような場合医療機関では、急いでいる場合に、非公開求人を利用します。

 

退職者が出た場合などは、退職者と同等以上の経験や能力が必要なのです。

 

 

 

絞った求人になり、急いでいるわけです。そのため待遇、給与なども優良になります。

 

場合によっては、交渉も可能で、条件がさらに良くなることもあります。

 

 

 

 

もし急いでいる求人を公開求人にして、募集しようとすると、広告を出すまでに、時間も必要としますし、

 

広く公募することとなり、必要とする人材かどうかリスクもあります。

 

 

 

 

中途採用では非公開求人が利用される

 

そのため中途採用などには、公開求人は、リスクがあり、

 

非公開求人を利用し、薬剤師専門の転職サイトへ依頼するのです。

 

 

そのため魅力的で優良な求人が薬剤師の転職サイトには豊富にあります。

 

 

 

 

優良な求人を得るためには、担当者へしっかりと相談することです。

 

 

 

そして担当者と信頼関係を築くことができれば、

 

より優良な求人情報をいち早く得られる可能性が高くなります。

 

 

 

 

登録後に、担当者より連絡がありますので、好感を持たれるように心がけたいですね。

 

 

 

 

特に、第一印象は大切になりますので、誠実と礼儀を持って接しましょう。

 

それが担当者に好感を持たれ信頼関係を築くための近道になります。

 

 

 

理想的な薬剤師の転職・求人の働く場所選び

 

転職を考えている薬剤師の理想的な働き方とはどんなものでしょうか?

 

 

 

一番は現在、働いている職場よりも収入がアップする職場ということです。

 

年収をアップさせることを実現させるには様々な方法があります。

 

 

 

 

必要とされている所の求人先、つまり急募求人情報を狙うのが良い手です。

 

新店舗のスタッフ募集などの急募求人は好条件のチャンスということです。

 

 

 

 

こちらから、条件アップを交渉できる可能性も高いですから、

 

より良い職場にすることも可能になります。

 

 

 

 

しかし、何分、急募ですから人員が決まるのが大変に早いわけですから、

 

情報を常にチェックしている必要性があります。

 

 

 

 

それに、急募ですから採用が決まればすぐでも相手側は働いてほしいですから、

 

現在、働いている職場をすぐに出られる体制にしてないと、

 

新旧両方の職場に迷惑をかけることになりますから注意が必要です。

 

 

 

 

さらに年収アップさせる転職探しのポイントとして

 

仕事内容についての相場を知り勤務地を考えるということです。

 

 

 

一口に薬剤師の仕事といっても様々ですから、自分がやりたい職種の年収相場を比較検討し、

 

それにともない薬剤師不足のエリアへの転職をおこなえば高収入が期待できるわけです。

 

 

 

 

自分が通勤できる勤務エリアを拡大させるだけで収入アップが見込めますし、

 

不足地域であれば社宅などの用意もされているかもしれませんから、

 

住居の費用も抑えられます。

 

 

 

 

やりがいを収入アップに結びつけることです。

 

昇給体制がしっかり見込める職場を探すことができれば、

 

長期的にその職場で働くこともできるので、一石二鳥になります。

 

 

求人している薬剤師の転職活動には履歴書に加えてスキルシートを加えよう

 

スペシャリストとして自覚する

 

薬剤師という国家資格を持つ薬剤を扱うスペシャリストとして活躍するには、

 

私たちの住む国では大学等の薬学部を卒業してかつ、

 

薬剤師国家試験に合格しなければなりません。

 

 

 

そして主に街中にある医院や大学病院や都立病院等の大きな病院の近くの

 

調剤を専門とする薬局や病院内で勤務する事になるのが一般的な姿です。

 

 

 

 

私たちが何らかの病を患えば一般的な風邪薬等から様々な病気に対する

 

薬剤の調剤をしてもらう経験は誰もが一度や二度は経験しており、

 

その様な業務は必要不可欠である事は間違いありません。

 

 

 

 

高齢化と薬剤師の役割

 

超高齢化社会に突入している現在の日本では、

 

老人介護施設をはじめとして在宅介護等という分野にも進出していくというのが

 

これからの薬剤師の姿である期待されています。

 

 

 

 

将来のためにスキルアップを念頭に

 

どの様な仕事にも言える事ですが同じ職場・環境で働いている事は、

 

実力主義を重んじる現代にとっては、先に挙げたようなこれからの先端を走る

 

分野に転職をしてスキルアップをし、より多くの経験を積むことは必須の課題と言えます。

 

 

 

 

薬剤師の転職でスキルシートを準備しておくと?

 

転職をお考えの場合には、現在担当している業務の引き継ぎ等を

 

行い迷惑を掛け無い様にすることは社会人として当然の事です。

 

 

 

 

そして、求人をしている希望転職先企業の研究や情報収集等を行う必要がありますが、

 

その中で最も大切な事の一つに履歴書は勿論の事、スキルシートを加える事が大切です。

 

 

 

 

特に経験豊富なベテランの場合には、履歴書の「自己PRポイント欄」におさめる事は

 

難しいのでスキルシートの概略的な事のみを簡潔に書き、

 

「詳細はスキルシートをご参照下さい」等と書いておきます。

 

 

 

 

趣味や特技欄も、映画鑑賞や音楽鑑賞等のみ書かずに、

 

仕事に直結する資格や学習をしている事と合わせて書くと

 

個性的で面接官の興味を引くと考えられます。

 

 

 

 

 

スキルシートには特に決まったフォーマットはありませんが、

 

忙しい面接官にA4用紙一枚の上方三分の一程度しか読んで貰えないと考え、

 

そこに自分の得意分野の事や所有している資格等を書きます。

 

 

 

 

 

そして、その下にはどの様な仕事を行ってきたのかを詳しく書くというスタイルがおすすめです。

 

 

 

 

履歴書はボールペン等で丁寧に書くことが望ましいですが、スキルシートの場合は

 

多くの企業に応募する事を考えますと、パソコンのワープロソフトを利用する方が便利です。

 

 

 

 

希望就職先の面接担当者は悪い印象を持ちませんので安心して、良い内容にすることが大切です。

 

引く手あまたの薬剤師、転職求人サイトを活用しよう

 

薬剤師の求人は増えています

 

高齢化社会を迎え、薬に対する需要は高止まりし、また規制緩和の流れも相まって、

 

病院併設の調剤薬局はもちろんのこと、

 

ドラッグストアやスーパーの薬局などでも薬剤師の人手不足も顕著になっています。

 

 

 

 

しかし、せっかく規制が解禁された薬も、スーパーの薬局では、

 

薬剤師がいないために物があるのに売ることができないという状況も目だっています。

 

 

 

 

スーパーなどでは、パートでいいから専門の薬剤の知識がある人が

 

常駐して欲しいという求人募集が常に出ています。

 

 

 

 

また別の状況として、医療費が高額になり、

 

保険組合に対する負担がかなりのものになっています。

 

 

 

 

医師が処方する薬は高額なため、保険組合では後発の

 

ジェネリック医薬品を調剤薬局で求めるようにと患者に要請を出しています。

 

 

 

 

ジェネリック医薬品とは、後発のメーカーが特許切れなどに基づいて、

 

先発のメーカーの成分や製法を同じにして開発した薬で、効果効能も先発メーカーの薬と同じです。

 

 

 

 

調剤薬局にしてもドラッグストアにしても、

 

そこで働く薬剤師にはジェネリック医薬品の知識は必須になっています。

 

 

 

 

このように仕事は引く手あまたですが、求人と仕事のミスマッチが多いために、

 

なかなか転職市場に人材募集のお知らせが浸透していません。

 

 

 

 

転職するなら薬剤師の転職サイトの利用がおすすめ

 

もし転職を希望するのならば、医療系の転職サイトに登録をして、求人を探してみるのが良いでしょう。

 

専門のコンサルタントが仕事の希望を聞き取ってベストの職場を紹介してくれますので活用しましょう。

 

 

 

 

関連記事

当サイトおすすめ薬剤師求人サイト

ファルマスタッフ

薬剤師の求人・派遣・転職といえばメディカルリソースの
ファルマスタッフです。

求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートいてくれます。薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績があります。




マイナビ薬剤師

 


人材紹介企業「マイナビAGENT」が運営する薬剤師専門のサイトの「マイナビ薬剤師」です。

マイナビ薬剤師は、知名度・利用者数・利用したい薬剤師の転職サイトでは業界トップクラスです。




エム・スリーキャリア【薬キャリ】

【薬キャリ】の特徴
○業界最大級!3万件以上の求人情報数
○薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応
○地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅
○紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能



リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、リクルートグループが運営する薬剤師専門の薬剤師求人サイトです。全国の求人数は35,000件以上を保有しています。

希望条件が少しぐらい厳しい条件でも担当者に相談すれば、良い求人が見つかることもあります。それだけ豊富に求人があることがリクナビ薬剤師の魅力でしょう。









ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 非公開求人って? 求人サイトメリット 求人サイトデメリット 求人サイトの利用 転職までのプロセス